2010年01月09日

♪春もち〜かづく 日本一はやく京都で茶摘み(産経新聞)

 日本一早い茶摘みとされる、福寿園CHA研究センター(京都府木津川市)の恒例の新茶の初摘みが5日行われた。福井正典会長ら同社の関係者5人が「初摘みの儀」を営んだあと、新茶を摘み取った。

 同センターによると、新茶は「礫耕(れきこう)栽培」という土を使わない培養液の循環で作られる全国でも珍しい方法で栽培。

 収穫の10日前に天井や側面を黒幕で覆って日光を遮り、葉に含まれるしぶみ成分のカテキンをうまみ成分のアミノ酸に変えて約5カ月で収穫となる。

 初摘みでは、うまみのある「ごこう」や一般的な「やぶきた」などの茶種の生葉約3キロを収穫した。

 同センターの研究開発部、谷口良三部長は「今年は、暖冬の影響で茶の木の成長が良い。葉も色が濃くて柔らかく、例年以上においしいお茶になりそうです」と話していた。

ハーフパイプマスター
whitebaseのブログ
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化
現金化
posted by ghbatzt23i at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。