2010年05月20日

前宝塚市長、二審も実刑=「執行猶予あり得ない」―大阪高裁(時事通信)

 兵庫県宝塚市の公共事業をめぐる汚職事件で、受託収賄などの罪に問われた前市長阪上善秀被告(62)の控訴審判決公判が18日、大阪高裁であり、上垣猛裁判長は懲役2年、追徴金1100万円の実刑とした一審神戸地裁を支持し、被告側控訴を棄却した。
 上垣裁判長は「金銭に清潔なイメージを強調して当選した3日後にわいろを受け取り、市政に大きな混乱をもたらした責任は相当重い」と指摘。一審判決は不当に重いとして執行猶予を求めていた被告側主張を、「社会的実情から見れば執行猶予はあり得ない」と退けた。 

【関連ニュース】
空自技官、勤務中に現金収受=収賄容疑で基地捜索
贈賄側コンサル社長に有罪=宝塚市墓地整備汚職
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か

<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)
元副署長の整理手続きは7月=明石歩道橋事故―神戸地裁(時事通信)
雑記帳 「お隠れバーガー」で姫路城の観光客減ストップを(毎日新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ…会見で表明(毎日新聞)
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団(医療介護CBニュース)
posted by ghbatzt23i at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。